お知らせ・イベント情報

【地域おこし協力隊1名募集!】かぶら寿司などの伝統食の伝承に携わりませんか?発酵食品に関心がある方を募集します!

2022/11/11

\このプロジェクトの魅力/
・伝統の技、食べ物、落ち着く風景など多くの資産がそろっています!
・地域の特産品や新商品の開発に携わることができます!

\こんな方におすすめ/
・発酵食品に関心がある方
・町おこしや地域の魅力などを対外的に発信することをやりたい方
・地域と協力し、魅力を伝えていきたい方

次世代への食の伝承者を探しています!

地域おこし協力隊が活動するエリアである城端の蓑谷地区は小麦農林10号の育成者である稲塚権次郎の生誕の地です。蓑谷地区では農家の女性たちが起業し、南砺市の伝統食品であるかぶら寿司を中心として加工販売をしています。近年、作り手の高齢化が進んでいるため、次世代への食の伝承者を探しています。
今回募集する地域おこし協力隊は発酵食品に興味があり、かぶら寿司製造の技術や伝統の味の継承をはじめ、かぶら寿司以外の発酵食品など蓑谷地区の特産品や新商品の企画等で活躍していただくことになります。

業務に関しては「蓑谷(みのだに)地域づくり協議会」※1での勤務を中心に城端地域の各種関連団体と連携をとりながら“知恵と汗を道具”に“よそ者の視点を武器”として活動を行うことになります。
※1「蓑谷地域づくり協議会」
⇒城端地域の蓑谷(みのだに)地区にある地域運営組織。
https://minodani-kc.7104.info/ (ホームページURL)

業務内容については、あなたの希望に応じながら地域の実情に合わせて柔軟に活動していただきます。

・かぶら寿司が好き!
・発酵食品に興味がある!(どぶろく、漬物などなど、、、)
・賑わいづくりに関心がある!
・人と人の繋がりを大事にしたい!
・町おこしに関わりたい!

上記のような方を大募集します。

<活動の一例>
地域の魅力づくり、交流活性化
・かぶら寿司の加工技術及び味の継承
・農作業や農業研修等を行いながら特産品、新商品の企画・開発
・移住・定住希望者へのサポート
・空き家の利活用、移住・定住を自ら実践し、活動状況や生活情報を移住・定住のモデルとして発信すること
これらの事業を通して「蓑谷地域づくり協議会」や各種関係団体と一緒に、あなたの柔軟なアイデアや積極的な行動を活かし、活気ある場所として盛り上げていくことに力を貸してくださる方を募集します。

住民と一緒に「地域を元気にすること」に積極的に取り組んでくださる方ぜひお持ちしています!!

詳細については、地域おこし協力隊(6次産業化担当)の募集要領をご確認ください。

<<南砺市地域おこし協力隊の活動の様子>>
⇒Facebookはコチラ( https://www.facebook.com/nantookoshi/